自然素材による健康・注文住宅、耐震、バリアフリー、介護リフォーム、水まわりリフォーム、ノンホルマリン施工(愛知県豊田市)

介護保険と住宅改修

介護保険と住宅改修

皆さん、介護保険制度のことはご存知だと思いますが、介護保険から住宅改修費の給付が受けられる事は
あまり知られていないのではないでしょうか??

介護保険で要介護(すべての区分対象)と認定されれば高齢者の方の自立支援や介護を助けるための 改修工事に対して工事代20万円まで住宅改修費が支給されます。
ただし1割の自己負担があります。(実質18万円まで)

また、この他に、各市町村にも、独自の助成事業があります。
豊田市では、豊田市すこやか住宅リフォーム助成事業という制度があり、介護保険制度の20万に加えて40万さらに援助を受けることが出来ます。ただし、こちらも自己負担が1割ありますので、実質は36万になります。ですから、合わせますと、60万(実質は54万)の援助が受けられることになります。

   

他の市町村につきましては以下をご参照ください。(2010.12現在)

豊田市 高齢福祉課(豊田市すこやか住宅リフォーム助成事業)        助成金 40万

岡崎市 長寿課(住宅改修費一部助成)             助成金 30万(自己負担無)

刈谷市 長寿課(高齢者住宅バリアフリー化工事費補助)              助成金 9万

安城市  高齢福祉課高齢福祉係(人にやさしい住宅リフォーム費助成    助成金 10万

   

★対象となる工事
■手摺の取付■床段差の解消 
■滑り止め防止及び移動の円滑化のための床材の変更■引き戸等への扉の取替え 
■洋式便器等への便器の取替え■その他住宅改修に付属する工事 


★手続きの方法
 多くの場合、介護支援事業所や施工業者が代行するのが普通です。申請書以外にも図面や理由書、工事写真などが必要なためです。 もし現在どこかの介護支援事業所で介護サービスを受けている場合、担当のケアマネージャーさんに相談すれば業者選定の手伝いや手続きをしてくれるはずです。
もちろん弊社でも手続き可能です。
今介護サービスを受けていなくても、かなり高齢の方や歩行や動作に支障がある方は認定が受けられる可能性があります。そんなご家族のために住宅改修を考えておられるなら、一度お近くの介護支援事業所や、工事業者にご相談されることをお勧めします。

 
支給について
 自己負担は1割ですが、申請は工事が終わり全額支払をした後、領収書などを添えて行うため、1度は工事代金を施工会社に払います。申請後2ヶ月程度で9割が指定の口座に振り込まれるようです。

 
注意点
 改修する住宅が借家あるいは名義が本人以外の場合住宅所有者の承諾書が必要になります。
公営住宅でも手摺取付など相談すれば、承諾がとれますよ。



詳しくは 弊社までお問い合わせ下さい。

                株式会社 大幸  企画営業部 孕石(はらみいし)

                              TEL 0565-32-2213